ザ・皮膚 罪重ねた嘘
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告


罪重ねた嘘

002-2.gif


第六回テーマ『腐女シンドローム

提唱者:ふれ
今回の記事:ざま


でもなんで自分と絡めて妄想しないのでしょうか


厳密に言ってしまえば、作品に自分でも登場しなければ自分と絡めるってのは無理なのではないか。
だからこそ、物語を読む上で私たちは登場人物に自分を重ねて読むんだろうと思うのだけれど
そういう前提で考えれば、彼女らはしっかり自分を絡めてるのだと思う。

どういうことか。

いわゆる腐っている作品には、攻めと受けの2つの役割がある。
この役割分けが割りに重要で、それはなぜかというと、理由は以下。

1.受けキャラの仕事
やっぱり抱かれたい男キャラには(妄想内で)責められたい心理が有ると思われる(推測)。
割りに安易な思考だけれど、攻めキャラに責められるには受けキャラに同化するのだと思う。
また、コアな作品になると、受けキャラのやおい穴(※1)なるものが時折登場するのもこういう心理に由来していると思われる。

2.攻めキャラの仕事
これもコアな作品が前提になってしまうのかもしれない。
簡単に言えばさっきの逆な話しで
多分男性の皆様も割と共感いただけると思うのだけれど、可愛い子(男だけど)「そんなぁ・・・イケナイことなのにぃ・・・ッ」とか言って馬鹿になってくれてる方が俄然燃えるのである。萌えるのである。

ここで、もう一つ疑問点が挙がる。

あえて自分ではなく、男キャラにその役を託すこの症候群はなんなんでしょうか。


おそらく、この着想自体が間違いなのだと思う。
ふれ君が言ったように、彼女らは男キャラにその役を託しているものの、それはあくまで同化させる宛を男キャラにしただけであって、自分を重ねるという本質的部分では(語弊があるけれど)普通の少女マンガとなんら変わらない気がする。
だとして、ふれ君が同記事内で述べてるように
「自分の好きなキャラが女キャラと絡むなんてとんでもない!」
全てなんだと思います。これも平易。


以上まとめると、こうなる。
「好きなキャラがビッチ(=女)と絡むなんてとんでもない!でも、あたい、自分を置き換えたいの!だから、受けと攻めのキャラを作るの!」
なぜセリフ調なのかは知らない。癖だから。

さらに続きます。

妄想をふくらます際に好きなキャラは受けとなるのか、はてまた攻めとなるのか。


これは一重に、キャラに何を求めるかなんだと思う。
この殿方に抱かれたい!って思えば攻めキャラに置いて、自分は受けキャラに重ねる。
この子の馬鹿になる様が見たいのよ!って思えば受けキャラにして、自分は責めキャラに重なる。

ああでも、もしかしたらその両方をいっぺんにやってるのかも知れません。
そうだとすれば、そのマルチで自由な完成には敬意すら感じます。腐女子ってすっごい。

余談
「攻め×攻め」とか「受け×受け」もあるのかもしれないけど
思うに、ここまで行くと多分変態性癖の領域である。あたい、変態のことは分からないよ。


ということで、割と投げた締めだけれど、腐女シンドローム考察でした。


※1
やおい穴
腐女子が性行為を描く際、女性器の位置に男性の体には存在しないはずの性器挿入用の穴が描かれることがあり、「やおい穴」「腐女子穴」「謎穴」などと称される。これは本来男性同士では不可能な体位である正常位での性交を描写するために用いられる。
Wikipedia引用

2009/09/12 00:00 | 腐女シンドロームCOMMENT(1)TRACKBACK(0)


コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

No:23 2013/06/27 21:24 | # [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | トップへ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。