ザ・皮膚 突き抜けろ!
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告


突き抜けろ!

20cherry5.jpg


第四回テーマ『ハタチェリー』

提唱者:ざま
今回の記事:ざま

非常に個人的な興味に基づいたところで、ふれくんには独自に書いてみてもらいました。
そのことについて、首尾はともかくとして感謝の意を示したいと思います。ありがとう。


月並みな挨拶を終えたところでいざ本題に入ります。正直、まとめがこんなにしんどくなると思わなかった訳ですが。




さて、今回は
・恋愛格差が叫ばれる昨今、ハタチェリーはどうすれば頼りがいのある兵士(非童貞)になれるのか。
・二十歳で処女の価値は?
この二つについて考察してもらった。

ここで、前提においてもらいたい見解として
『童貞や処女というのは、あくまでその人の精神的要素を表す記号である』

がある。
この概念は非常に重要だと 私は思う。
非童貞に対する、漠然としたチャラいイメージ。非処女に対する、なんとなくある喪失感のイメージ
これらの負のイメージはすべて、前述の精神的要素に由来していると考えられないだろうか。

つまり、いいたいことはこうだ。
『非童貞、非処女ということ自体が非貞操的なのでなく、その経験によって性に開放的になってしまった精神的な状態が是非を問われる問題点なのである。』
繰り返すがこれは、無意識(人によっては有意識)に感じているイメージを具体的に切り出しうる、非常に重要な観点である。

・「焦る」→「不慣れなアクション」→「失敗」→「自信の喪失」→「時間の経過」
の繰り返しで、段々と異性から離れていく負のスパイラルが完成するのです。
・当たり前ことを言うようですが、理想はやらずして成就することはあまりありません。
じゃあ結局は、精神の成長に徹するしか明るい道はないのです。
(ひ)


ハタチェリーを、あえて現状にて成果の上がっていない兵士と例えるのならば、その最たる問題点は心が折れてしまっている点だと 私は思う。
かといって、成果も上がらずして挑み続けろというのもなかなか酷な話である。
前に進みたい兵士(僕を含む)は心を折ってはならない。その処世術についてはいくつかあると思う。
私個人としては成果をオールオアナッシングで判断しない方法が一番手軽ではないかと思っている。
今回はメールのやり取りまでは順調にできた。
1対1での会話は良かった。
食事まで持っていけた。
何でもいいが、成長を自覚することが、更なる成長への原動力になるのである。多分だけど。

ところで、こういう意見もある。

・別にそこまでしてセックスに対して労力をかけたくない人間だっているのです。
・本当にこの人になら全てを見せてもいい、いや、見てほしいっていう感情が芽生えてのことなら全く持って問題ないのですが、ただ快楽の追求といった理由でギシアンしちゃうのはいただけない。
(ふ)


思わず、そうだそうだ!と声を大にして共感する人も多いと思います。
誤解のないように断っておくが、この意見は非常にピュアで且つ尊重されるべきものあると 私は思っている。
その上でさらに言いたい。
これは、異性間交流に対する大変穿った(※1)見方である。
いやあ、分かるよ。確かに仕方ない。昨今のリミッター全解除性事情は目に余るし、余るから嫌でも目に付く。
そうすると、異性間交流=性干渉の図式が刷り込まれてしまうのは分かる。
でもそれは、目先の快楽におぼれて『異性間交流=異質なもの(男と女)を理解する』という本質的な部分を見失っているだけに過ぎないのだとも 私は思う。
この誤解の裏を返せば、『異性間交流と見ればセックス』という考え方自体に誰もが(非経験者も含む)陥っているのだとも言える。
非非処女、非非童貞で言えば、まさに、負のスパイラルに陥っているのである。
目覚めろよヤラハタ。

(※1穿った:『ひねくれた』くらいの意味で使ってます。)

男と女は違う生き物である(断言)。違うけれど、同じ人間である。
すると、どうしても対立軸が生まれてしまう。
対立するってことは、ある意味で敵対意識があるのかもしれないし、とにかくお互いに身構えてしまうものである。だって異なるものだもの。
ただ、異質って理由で排斥してちゃあそれはいじめとかにも繋がるしょーもねーことだ。

異なるものと上手に付き合っていくってことは、それだけでも精神的な成長に繋がるのだと 私は思う。
今更ながら例えを引っ張り出してくれば、『頼りがいのある兵士』とは『自身を磨き続ける兵士である』
ひびきの言うようにセックスなんて結果としてのつまらんおまけである。
どっからか仕入れたくそしょーもねー価値観なんかどっかにスローアウェイして、成長すること自体に目的を設置することこそが、
頼りがいのある兵士(精神性における非童貞(多分非処女))になる方法なのである。


ところで、ここまで語ると正直すごくどーでも良くなって来ているのが二十歳で処女の価値である。
ひびちゃんもふれくんも大して書いてないので私もさらって書いてしまうと
二十歳っていうそこそこ広い見聞があり且つ、処女のほうが性に開放的になってなかったり、セックスつーおまけに目がくらんでたりしない確立が高いので
二十歳で処女は私も大歓迎です。はは。

2009/07/25 23:59 | ハタチェリーCOMMENT(2)TRACKBACK(0)


コメント

いやもうすげーです。
まとめらしいまとめです。

でも、夢見るバージンの方が開放的だったりしますね。
非バージンは、○ックスがいいものばかりでないことも知ってるからね。

え、ソックスじゃねえよ。

No:14 2009/07/26 11:15 | 粕 #- URL [ 編集 ]

そういった条件の女性は、いけいけなどーてー(禁止ワードらしい)とある意味大差ないんじゃないでしょうか。

個人的には、貞操の安売りはしないで欲しいものです。

No:15 2009/07/26 21:17 | ざま #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | トップへ | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。